【再現レシピ】1個12円のスコーン『年収90万円でハッピーライフ』より

節約 お得

賢い消費者を目指して暮らしています、ししまるです。

今日は大原扁理さんの著書『年収90万円でハッピーライフ』(ちくま文庫)に出てくるスコーンをアレンジして作りました。

スコーン作り、ハードルが高いかと思っていましたが、調べてみると色々なレシピがでてきて、材料も計量も焼き時間もざっくりで、おいしいスコーンを作ることができました。

さらに材料費を計算したら、なんと1個あたり12円でできていたことが分かり、大原さんのハッピーライフに近づくことができたのでレシピを紹介します。

ししまる
ししまる

「手作りスコーン」はカンタン!美味しい!安い!の三拍子の逸品。

材料

  • 薄力粉 200g
  • 砂糖 20g
  • ベーキングパウダー 大さじ1 (12g)
  • バター 30g(1cm角くらいに切る)
  • 牛乳 90cc

今回は上記の材料で作りました。
なんと、「塩 少々」を入れ忘れたことに食べている時に気づきました!!
しかし、家に残っていたバターを入れたので塩分は入っていたので結果的にオーライ。
っていうか、全部だいたいでオッケー。大原さんのレシピにはバターは入っていませんでしたが、ししまるの家にバターがたまたまあったので入れました。

作り方

 使う材料を計ったり計らなかったりして用意する

分量はざっくりでよい。オーブンを使う場合は予熱する。

 粉類を泡立て器で混ぜる

薄力粉、砂糖、ベーキングパウダーと塩少々をボウルの中で混ぜ合わせ、泡立て器でぐるぐると混ぜます。(ふるい、目の細かいざるが家にはなかったのでふるいの代わり)

 バターを投入して、手で混ぜる

1cm角くらいに切ったバターを投入して、手でごしごし混ぜる。

牛乳を少しずつ投入

牛乳を少しずつ加えて、手でパサパサ混ぜる。
生地が1つにまとまらないなーというくらい
パサパサの感じになるまで牛乳を入れる。
べちゃべちゃにならないようにする。

「雑にこねておくこと。あんまり丁寧にこねると、焼き上がりのゴツゴツ感がなくなって美味しくなさそうです」 
大原扁理著『年収90万円でハッピーライフ 』(ちくま文庫)

スコーンみたいな形にする

天板の上にアルミホイル(クッキングシートでも)をしいて薄力粉を少しふるう。
5cmくらいの円盤みたいなかたちを作って、天板の上におく。
生地の表面に少し容器に残った牛乳をぬってあげる。(別にしなくてもいい)

焼く!トースターでも、オーブンレンジでも

トースターだと強で8〜10分くらい、焼き色を見ながら調整。
オーブンだと200度くらいで10分くらい、焼き色を見ながら調整。

少し冷まして、いただきます

お好みのジャムやコンフィチュールなぞを付けてめしあがれ!できあがり
時間がたっている場合は、温めなおすとやきたての美味しさが復活します。

材料費を計算したら1個12円だった

材料使用量材料費
薄力粉200g22円
ベーキングパウダー12g18円
砂糖20g8円
牛乳90cc16円
バター30g65円
合計(11個)129円
スコーン1個あたり11.7円

電気代や手間もありますが、控えめに言っても材料費安すぎます。
バターを入れなかったら、この半額になります。

かしこい消費者をめざして

スコーン作りは、通常のお菓子作りとは違って、計量もざっくりでよいし、カンタン、コスパ最強。そして何よりおいしい!!

スーパーで130円前後の食パンを買って食べるよりも満足度が高かったです。
よろしければ、みなさまもお試しください。

タイトルとURLをコピーしました